猫の口呼吸…よだれも?首輪が意外な原因かもしれない!

猫の口呼吸…よだれも?首輪が意外な原因かもしれない!

ペットを飼うには首輪は必需品!
特に、室内飼いであっても脱走&迷子の可能性がある猫ちゃんには、しっかり飼い猫であることがわかるように首輪をつけておきたいもの。
拾った人にわかるように名前や住所を書いておくのも大切ですね。

しかし、その首輪にも隠れた危険が!?

うちの猫、まおとめいは首輪で文字通りイタイ目にあいました( ˘•ω•˘ )

猫が口で息をしてる?首輪が引っかかっていませんか?

5年くらい前のこと。まおが口呼吸をし始めました。
常に口を軽く開けた状態で居るのです。

最初は、

 

ママ

まおがなんかくさい顔してるー!誰かオシッコしたのかな?

なんて、フレーメン反応かと軽く考えていたり、暑いのかな?と楽観視していました。
しかし、あまりにも長い期間口呼吸が続き、そのうちよだれも垂れ流しに・・・

前に飼っていた猫で、死ぬ間際に口呼吸になった子がいたため、そろそろ死期が近いのかも・・・と思ったり、顎が外れてしまったのかも・・・といろいろな推測をしながら獣医さんに連れて行ったのですが、そこで思いもよらない原因を告げられることになります。

 

せんせい

あれっ?なんだこれ?なんか引っかかってますね〜

と、よく見てみたら、首輪からほつれた糸が下の犬歯にひっかかり下顎全体が下に持っていかれている状態でした。

ドラえもんみたいでかわいいw

よだれが出ていたのも、首輪からほつれた糸で下顎が固定され口が閉まらなかったことが原因。
さらに、その細い糸が肉に食い込んでおり、化膿寸前。
もはや自力では取れない状態になっていました。
早速先生が糸を切ってくださり、さらに食い込んだ部分は数針縫う処置をしてもらいました。

その後まおは無事復活!

ただ、口の端にポコッとその時の傷が残ってしまいました。

今回の事件の原因は、古い首輪

この時まおが使用していた首輪は、よくある鈴付きのホームセンターで売っているようなもの。
切れたりしない限りあまり気にしていなかったですが、長年使用していたためまわりがケバケバになっており、ほつれた糸がたくさん出ている状態でした。
猫は毛づくろいの時、顎を思いっきり引いて首を上下に動かしますが、このタイミングでほつれた糸を歯に引っ掛けてしまったようです。

このケース、まれなことかと思いきや、実はいとこの飼っている猫にも同じことが起きたそう。
そのときは原因に早く気付くことができ、はさみで糸を切ってあげることができたため大事にはいたりませんでした。
細い糸なら自力で切れるのではないか?とも思いますが、顎を引いた状態では糸を切るまでの力を入れるって、結構難しいことだと思います。
そして切ろうとした結果、まおのように肉に食い込んでしまって悪化するリスクも。

この時の教訓は、首輪はいつも新しいものにしてあげること。

気付くと長い間首輪を変えていない、なんてことも多いのではないでしょうか。
ほつれている、汚れていると感じたときは新しいものに交換してあげましょう!
古い首輪のデメリットはこれだけではありません。
次はめいに起こったケースを例に紹介します。



つけっぱなしの首輪、最近いつ外しましたか?その下に首輪ハゲができているかも。

めいの首輪をある日ふと外してみると…

ハ、ハゲてる…!( Ꙩ_ ꙩ)

のどのやわらかい皮膚の部分が、首輪の形にハゲていました。
完全に脱毛してつるぴか。
首輪を取ってあげて、しばらくすれば生えてくるかと思っていたのですが、かれこれ何年経ってもハゲたままです。
(目立たないところで良かったですが)

首輪ハゲはよくある現象。原因は?

首輪ハゲができてしまうのはよくあることのようです。

①首輪の素材が皮膚にあわなかったり、ノミ取り首輪の薬剤などで皮膚に過剰な刺激を与えてしまっているアレルギー性の要因
②首輪をつけられたことによるストレス性の要因
③もともとサイズが合っていない/気付かぬ体重増減で首輪のサイズが合わなくなり、摩擦が増えて毛にダメージがかかっている被毛断裂
④長年同じ首輪をつけ続けていて、首輪の内側で雑菌が繁殖してしまい皮膚疾患を起こしている

上記の理由で脱毛することが多いようです。
めいは普段からフケがよく出る子で、皮膚が弱いので首輪の素材が合わなかったのかもしれません。
ひどい子だとハゲた部分が赤く炎症を起こして腫れてしまうケースもあるので、そういう症状が出ている場合は動物病院へ連れて行ってあげてください。

首輪選びは結構大切!猫にあった素材・デザインを探してあげましょう。

首輪って、なんとなくデザインや値段で選んでしまうことが多くないですか?
しかし、かわいい、手入れが楽、安価という部分だけにとらわれすぎず、化学繊維やノミ取り首輪などは猫ちゃんの皮膚への刺激が強すぎる場合があるということをぜひ覚えておいていただきたいです。

たまに首輪を外してあげることで、普段見えない部分の観察をしてあげることも大切ですね。
首輪をとって、首回りを指でマッサージしてあげるととても喜んでくれますよ。
定期的な首輪交換で首周りを衛生的に保ってあげましょう!




猫たち(シニア)カテゴリの最新記事